2005年07月15日

ドリームボックス石けんをつくる その4:型出し

ドリーム型だし.jpg

バハちゃんの型だしの次は、ドリームちゃん。ジェル化とレイヤーの状態が非常にきになるところであります。一見綺麗に固まっているように見えますが、いざはがすとなると側面と底面はかなりねっとりしている状態。けっこう格闘しました(笑)側面の拡大。角がかなりやわらかい状態だったので、角が崩れてしまいましたが、レイヤーは綺麗な二層になっている。やった!

ドリーム拡大.jpg


横に倒して、底面から見たところ。ピンクカオリンを入れた部分もゼリーのような半透明のピンクに。コンフェの炭石けんのかけらがかなり目だっています。

今回いわゆるジェル化というやつ?をはじめて体験。全体的に色が何気に半透明しています。石けんを型入れしたあと約24時間保温をするのだけど、その時に高温の状態で保温するとこのようになるらしいです。今回ラップをかけて保温したので、空気にふれた部分が白くなる「ソーダ灰」がつきにくくなるだけでなく、温度を一定に保つ役割も果たしジェル化を促したのかもしれない。多分。まだまだその辺の化学反応的な分野は勉強しないといけませんです。

以前シナモンプリン石けんを作った時(ラップはしなかったけど)何気に下の部分が少しジェル化していたような?記憶があるけれど、これはそれ以上。本当はマットなパステル調をイメージしていたのだけど、これはこれで夏らしく涼しげでいいかな?とりあえず今の時点では順調です。こちらもカットがたのしみ!夢を見させてちょうだいね♪


底面アップ.jpg

バハちゃんと仲良く木箱へお引越し。夫婦石けんのようです?テーマ曲は「大阪しぐれ」それとも「昭和枯れすすき」?暗いな〜。やっぱ「カナダからの手紙」でしょう〜。って、どれも古すぎ・・・・(^_^;)

夫婦ハ真.jpg
posted by クッキー at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | DREAM BOX石けん  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。