2005年07月10日

ドリームボックス石けんをつくる その2:型入れ

10日の朝.jpg

翌朝。さわやかに晴れた日曜の朝。ちょうど8時間経過した午前8時。トレースが出始めたので型入れ!

まずはタネを二つにわけます。小さいお皿に分けたタネには、ピンクカオリンのパウダーと昨晩小さくきざんでおいた、コンフェ用の石けんです。炭の淡いグレーとサンダウッドのスモーキーピンク、ディルの薄いグリーンとシャイニーレッドのピンク。

コンフェ用意.jpg

ピンカオリンで色をつけたところ。ホワイトスターの時とはまた違うサ−モンピンクよりの色です。ここにコンフェの石けんをまぜます。

ピンクカオリン.jpg

まるでイチゴ味のババロアみたいになりました。食べたらおいそう?

モザイク混ぜ.jpg

牛乳パックの底にながします。型の約三分の一まで埋まりました。もう少し多くてもよかったかな〜?

ピンク型入れ後.jpg

お次は、メインのボ−ルのタネにアカシアのはちみつとヨ−グルトパウダ−を小さじ一杯と、6色のすりおろし石鹸を入れます。レイヤーの上の部分にします。

メインのタネ用意.jpg

タネに混ぜるところ。色のグラデーションがきれい一応暖色系でまとめてみました。

すりおろしを入れる瞬間.jpg


ちょつとボ−ルの淵が汚いですが、すりおろし石鹸を混ぜた終わった所。カスタード色の石鹸にパステルなつぶがうかんでラブリーです。かなりイメージ通り。順調順調!!

すりおろし混ぜ終わり.jpg

ピンクの色のタネを型にいれてから、約4時間経過。タネもだいぶ落ち着いてきたようなので、
ボールのタネを流し込みます。レイヤーになってくれるかなあ??

05_07_10_12_36.jpg

型入れ完了。全部で600グラム。この量が牛乳パックの型には一番ベストな量です。

05_07_10_12_38.jpg

今回も型の形はメンディングテープで。

05_07_10_12_39.jpg

バハレイヤの夜石けんのおとなりに移動。バハレイヤの夜せっけんも、一生懸命けん化をしているようで、箱が暖かくなっています。二つ並べると実に対照的な色です。が、二つ一緒にいれて大丈夫かな・・・解禁日はおなじく8月10日の予定です。

05_07_10_12_41.jpg

レシピ (前田京子さんの最高に贅沢な石けんレシピを参考に)
●オイル 600グラムバッチ
オリーブオイル 261グラム
ホワイトパーム 90グラム
ココナツ     90グラム
スイートアーモンド 100グラム
ホホバオイル    29グラム
コメ油        30グラム

●苛性ソーダ。水
苛性ソーダ   72グラム
精製水     220cc

●色と香り
◎レイヤー下層部分
ピンクカオリン 小さじ1杯
コンフェ(炭・ディル・レッドサンダルウッド・シャイニーレッドパウダー)
◎レイヤー上層部分
はちみつ  あかしあ こさじ1杯
ヨーグルトパウダー 小さじ1杯
コンフェ(パプリカ・赤・黄色・レッドパーム・シナモン・ココア)

●仕込み
2005年7月9日
まぜまぜ開始   9日 午後00時
トレース     10日 午前8時30分
トレース時間   約8時間  
型入れ      
下層部分  午前8時30分
上層部分  午後12時30分
















posted by クッキー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | DREAM BOX石けん  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。