2005年07月10日

ドリームボックス 石けんをつくる  その1:材料とオプション準備

dリーム材料1.jpg

「バハレイヤの夜」を無事型入れ。そして、この日はノリノリで2バッチ!次なる、出番街のコンフェ用背石けんをふんだんに使った、レイヤー&コンフェでカラフルなデザインを急に思いついたので作ってみる事に。その名も「ドリームボックス」石けんにパステルチック名「夢」をつめたイメージで。

材料は前田京子さんの最高に贅沢な石鹸で!ホホバとスイ−トア−モンドをふんだんに使うレシピですレシピではスイートアーモンドを200ccにホホバオイル50ccとなんとも贅沢な配合。結局オイルを計量したら、スイートア−モンド油は約半分の100g。ホホバ油は29グラム。トレースまではほぼ12時間とのことですが、予定よりトレースを早く出したかったのでコメ油をいれました。「最高に贅沢」ではなく「普通に贅沢な石鹸」になりました。(笑)

ドリームオイル2.jpg

苛性ソーダと水は、実際のオイルの量で再計算。ソーダは72グラム。水は220ccとなりました。今回も色を重視なので、ミネラルウオーターで。写真は省略。

温度調整している間にコンフェ石鹸をすって細かくしておきます。

写真はバハレイヤにも使った黄色のオリーブと、以前にカモミ−ルの時に作っておいたレッドパーム配合のの山吹色とシナモンを入れたせっけん。おろし器でこまかくすります。おろし器は四種類の刃の形になっていて、微妙にちがうすりおろしが楽しめます。

コンフェ4.jpg

こちらは、ハイビスカスとローズマリーに入れた赤のオリーブ石けんと、コメ油にココアパウダーを入れたものと、初期の春石けんに使ったパプリカ。パプリカはかわいいオレンジピンク♪

コンフェ用3.jpg


続いては普通に小さくモザイク用にカットします。炭入りとシャイニレッドパウダーのピンクとサンダルウッドパウダーと淡い緑のディルパウダーもの。

モザイク5.jpg

コメ油をいれたので、突然のトレースに備えてあらかじめお皿に用意。

日にち変わって10日の午前零時に掻き混ぜ!この前みたいな事にならないか、ちょっとドキドキ。タネは穏やかに乳化した色に変わりました。コメ油をいれましたが急激な変化なし。

これは丸半日はおくようかな…出掛ける時間に合わせて昼これ型入れしたいけど…代行依頼必要か??

夜中になってもトレースがでる様子がないので、一晩寝かせることにしました。
というか、自分が寝ることにしました。











posted by クッキー at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | DREAM BOX石けん  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。