2005年06月09日

ミュシャの「ホワイトスターシャンペン〜Pink Lady〜石けん」をつくる その5 型出し

かただしアップ.jpg

昨日はオレンジ色の不気味な汗をかいていて、ぎょっとしましたが今日は落ち着いた様子。タネもパックからきれいに出せる感じなので、型出しすることにしました。結構するすると出てきました。ラメパウダーを入れたせいか全体がコーティングされているような感じです。
思ったよりも全体的にラブリーなピンクに仕上がっていますが、オイルごといれたハーブが茶色くなってます。ちゃんと取ったほうがよかったか・・・


全体図。型入れの時点ではマーブルにするには不向きな位固まってしまっていたので、なんだマーブルというよりは、真ん中にどっさり「白」の部分がかたまっている模様?側面だけみると全体がピンク色です。そして香りはあえてつけなかったのですが、shall we dance 石けんの時に似たほのかに甘い香りが。これはコメ油の香りでしょうか。ワインとオイルに漬け込んでいたラベンダーやローズマリーの香りとはまた違った感じです。



オレンジ色の木箱に入れて、熟成させます。今週末にはカットもできるかな??真ん中がどうなっているの楽しみであります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。