2005年05月05日

カモミールとマリーゴールドのバスソルトを作る



カモミールの石けんの型入れが無事済んだところで、あまったハーブティで久々にハズソルトを作りました。
材料はイタリアシシリー島原産の海塩のマリーノです。デパ地下で200グラム入り210円也。これがボトル丁度いっぱい分でいい感じです。同じシリーズで岩塩もありました。それからエッセンシャルオイル。レモンとスイートオレンジです。レモンがほとんど底をつきそうなので、今回はレモングラスも入れてみます。レモンよりも渋い香りで結構好きです。そして乾燥カモミールと袋をあけたついでにマリーゴールドも。

まずは耐熱皿に塩を広げます。お皿はまったくの平らよりもすこし底のあるタイプの方が塩をまぜやすいです。ビーカーにハーブティを50ccいれます。ハーブティだけだと綺麗な黄色がでないので、ウコン粉末をいれてみることにしました。

お皿に広げた塩にハーブティの3分の1をまんべんなくふりかけ、よくまぜます。そしてレンジで2分10秒。ワット数によりますが、あまり長くかけすぎると塩がこげたりカチカチになってしまいます。



レンジから取り出したら(お皿を取り出すときには火傷に注意!)塩をよくかきまぜて、さらに残ったハーブティの2分の1を同じ様にかきまぜます。この時点であまり綺麗な黄色がでなかったので、前と同じく食用色素の黄色を少したしました。今度はあざやかな黄色になりました。そして、さらにレンジにいれます。時間を2分30秒にしてみたら・・・



あらら。塩がカチカチに固まってしまいました。スプーンの枝の方でたたいて崩しました。



とりあえずこんな感じに。
最後に残りのハーブティをかけて2分10秒。これがベストタイムのようです。



レンジから取り出したら、塩をよくかき混ぜて覚まします。冷めたらボトルにいれてエッセンシャルオイルとハーブを入れてシャカシャカとシェイクします。塩の塊が大きいままだとボトルに入りきらないので、できるだけ細かく砕くようにするのがコツです。オイルはレモンが品切れちかいので、レモングラスも足してみました。



できあがり。色は入り卵のような薄い黄色にしあがりました。これで約4回分です。お風呂に入れる時はハーブがお湯にひろがって大変なので、お茶用のパックなどに入れて使うと良いです。さてと、これでカモミールシリーズの石けんができたら完璧。トロピカルシフォンケーキで髪をあらい、リン酢ですすぎ。ボティはマリーゴールドのオレンジマフィンで膝やかかとはスクラブで。顔は卵のマドレーヌはしっとり。仕上げはホホバ油入りのスプレーで。やっほ〜!!
さらにハーブティが残ったので、タッパにつめて冷凍保存。これで好きなときにカモミールのレシピが作れます。



」譽轡�
塩(マリーノ海塩200グラム)
エッセンシャルオイル:レモン5滴 スイートオレンジ10滴 レモングラス5滴
カモミールのハーブティ 50cc
「修梁�
耐熱皿
保存用ボトル (無印良品のお菓子の入っていたネコ缶)
posted by クッキー at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3446241

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。