2005年05月05日

カモミール三部作 型入れ



石けん作りにとりかったのが、4日の午前12時過ぎ。オイルと苛性ソーダを合わせてひたすらぐるぐるかき混ぜたいたら、いつのまにか午前3時を回っていました。しかし、オイルは乳化した色になったもののまったくのさらさら状態。これはトレースが出来るのはかなり時間がかかりそう。

へたするとオリーブ石けんなみ?けん化値が椿油と同じ数字だったので、トレースも同じ位かなと思っていたらそうでもないらしいです。このところ連続して作っているので、トレースの出やすい状態とそうでない状態のタネの見分けがなんとなくわかるようになったきました。本当になんとなく(笑)

写真は午前7時の時点のタネの状態。うっすらラー油のようにオレンジの上澄みができていて、オイルが分離している感じです。そしてまったくのさらさら。型入れは早くて夕方か夜という感じ。とちゅうで荒川土手プチピクニックと銭湯に行き、銭湯から戻ってくると、ちょうどよく固まっていました。気になったオイルの分離もほとんどなし。色はパンプキンスープのような鮮やかな山吹色。たった5%入れただけなのに。おそるべし、スーパーカロチーノレッドパーム油!
posted by クッキー at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カモミールカモミール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。