2005年05月04日

shall we dance〜桜とマローブルーのワルツ〜石けんを作る  その2

05_05_01_23_42.jpg

まずは苛性ソーダとマローブルーのハーブティをまぜます。マローブルーはお湯で抽出すると色が瞬く間に変わってしまうので、つかのまの紫を目だけでも楽しもうと、精製水でこしとりました。最初は濃い紫だったのが、時間とともに薄くなり・・・・

そして苛性ソーダと混ぜると、なんと黄色に変身!!


かきまぜて完全にソーダを溶かすと、こんな色になりました。まるで米油とおそろいになるかのようです。化学反応って不思議です。

米油のオイルに苛性ソーダ水をまぜます。米油は黄金色でほんのりした香り。ソーダとまぜても、香りがかすかに残っています。

マローブルーも黄金色に変身し、米油と混ざってタネはかわいいクリーム色。そして、他の方のレシピでは1時間もしないでトレースができて型入れできたとありましたが、私の場合は時間がかかりそうです。きっとシアバターなど、オイルの配合が違うせいもあるのかもしれません。オイルの製造元によっても仕上がりが違うらしいので、この辺が難しいところ。
このままでは暫く型入れはできそうにないので、一旦寝ます。会社に出勤する前にうまく固まってくれるといいけれど・・・・固まらなくても強制的に香りと色つけて型入れするしかありません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3293789

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。