2005年05月03日

ローズヒップとハイビスカスのマドレーヌ石けんをつくる その3:型出し

つづいて、マドレーヌ石けんも型だし。すでにマドレーヌの型と石けんの側面が微妙にはがれてきているので、出しちゃいます。

しかし、こっちは残念なことに、色は想像とちがうままです。石けんの厚さもたくさん作ろうとタネもケチっていれたので、結構うすべったい感じ。特に髪用にローズヒップパウダーで色付けしたのは、マドレーヌというよりは、うすらべったらなよもぎもちっといった感じ。しかも誰かがさわったらしく、形がよじれているし(汗)そして、ボディ用にモザイクでいれた赤いオリーブの石けんは、色素が滲んで汚くなってしまいまいした。どうやら他の方の石けんレシピをみると、もとがピンクとかむらさき系統は苛性ソーダと反応して緑になるらしいです!?まだまだ勉強が必要です。そして他の方の手作りレシピを見ていると、すばらしいものばかりなのですが、やっぱり想像と出来上がりの違いのギャップを体験しているみたいです。
思いもよらぬ出来上がりというのも石けんつくりの面白さかもしれません。そして次は絶対にイメージ通りに作るぞ!という闘志が湧いてくるのです。石けんは見た目よりも使いごこち!?(言い訳)この石けんも、見た目は悪いがローズヒップとハイビスカスはたっぷり入ってる!香りも今のところはほのかにペパーミントやローズマリーがただよっているし。それにこのマドレーヌを作りそこなったせいでシナモンプリンができたので、そうゆう意味では失敗に感謝です。「失敗は成功のもと」です。ハイ。

しっかし型から出したのはいいのですが、置き場所が・・・



このままセシールのデカイ通販の箱にずっといれて熟成しかないか(^^;)。なんだか昔お祭りの露店でひよこを買ってきて、ダンボールに入れて部屋で育てた事を思い出します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。