2005年04月29日

ローズヒップとハイビスカスのピンクマドレーヌ石けんをつくる その2・型入れ

05_04_29_19_46.jpg

午後7時。こちらもけん化の時間はかなり早く、タネを仕込んでから8時間ちょっとで型入れできるくらいに固まってきました。今日は夏日で気温もあるのでそのせいもあるのでしょうか?今回はフェイス用と髪用、ボディ用と色と香りを三種類に分けて作ってみることにしました。タネの中にモザイクしていれる、赤で色をつけたオリーブと無色のオリーブ石けんをこまかくカットしたものと、ピンクとローズの色付けをするために、ハーブティとおなじ、ローズヒップとハイビスカスのパウダー、はつみつを使います。



ますはタネの中にはちみつを入れて混ぜ合わせたあと、フェイス用のタネをマドレーヌの型にいれます。これには香りも色つけません。
つづいて髪用。残ったタネを半分分け、ローズヒップのパウダーをティースプーン一杯いれてまぜます。しかし・・・薄い紫色になるはずが、タネは薄い黄緑色っぽくなりました。こちらにはエッセンシャルオイルをまぜます。ローズウッドとローズマリーに、爽快感がでるようペパーミントとスペアミントを加えてみました。

のこりのタネには、ハイビスカスのパウダーをまぜます。見た目はものすごい濃いルビー色なのですが、こちらもタネに混ぜると薄い青に。こちらには、オリーブ石けんのかけらをいれてモザイク風にしてみました。香りはゼラニウムとローズウッド。ベルガモットも混ぜてみました。



マドレーヌの型は一枚だとかなり薄いので、3〜4枚重ねて使います。でもタネをいれると膨らんでしまって、いびつな形に。なんだかピンクマドレーヌのネーミングとは程遠い感じですが、熟成している間にパウダーの色がでることを祈りつつ・・・


●レシピ(基本は前田京子さんのマルセイユ石けんレシピ)
つばき油 500ml
ホワイトパーム油 70cc
ココナツ油    120cc
精製水の代わりに ローズヒップとハイビスカスのハーブティ 250cc 
        (乾燥ハーブ小さじ1杯づつ)
はちみつ     10cc
●香りと色付け
フェイス用 はちみつのみ
髪用    ローズマリー40滴・ローズウッド20滴・ペパーミント10滴・スペアミント5滴
      ローズヒップパウダー(食品色素)小さじ1杯 

ボディ用  ゼラニウム 40滴・ベルガモット25滴・ローズウッド10滴
      ホホバ油 10滴(タネを型入れする前にまぜます)
      オリーブ石けん(無色と赤色)のかけら
      ハイビスカスパウダー(食品色素)小さじ1.5杯
●型入れまでの時間 約9時間

※香り付けに使うエッセンシャルオイルの上限は、オイルとソーダ水の総量の2%。これ以上だとオイルが分離してしまうらしいです。今回はそれぞれのタネの分量に対して約1.5%の割合でまぜあわせてみました。

※ローズヒップとハイビスカスパウダーは「生活の木」のショップで購入しました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3222615

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。