2005年04月08日

マローブルーのヘアスプレー




マローブルーという名前のハーブは初めて聞いたのですが、パッケージのお湯やレモンを入れると紫から色が変わる不思議なハーブというコメントにひかれて買ってみました。




まずは普通にハーブティとして飲んでみたとこと、花そのものはなんだか海苔のつくだ煮のような感じ。お湯をいれた瞬間きれいな紫色になりましたが、時間がたったらすっかり花も色あせてお湯のいろもきたなくなってしまいました。口当たりがまろやかなので声を大切にする人によいと書いてありました。

しかし、この紫色はとっても素敵。これでヘアスプレーを作ってみようと、お湯ではなくて水でエキスを出し、精製水とホホバオイルを混ぜてみました。するとこんな写真の色になりました。そこにイランイランとゼラニウムのオイルを2〜3滴ずつ。結構官能的な香り?夜の髪のお手入れによさそうです。しかし、しばらくしていたら紫の水はすっかり灰色がかってしまいました。花の命ははかないものなんですね・・・・

この香りと色のレシピはエジプトシリーズ第二段(第一弾も作っていないのに気だけは早い)の香りのヒントになりそうです。
posted by クッキー at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。