2005年03月13日

ハニーマルセイユ石けんをつくる その1

05_02_25_20_20.jpg

さてさて、明日は久々に家でゆっくり寝る予定?なので、今日は手作り石鹸第二段です!せっかくなので写メとりながらやってみました。その名も「ハニーマルセイユ石けん」はちみつ入りのマルセイユ石けんです!レシピは前田京子さんの「お風呂の愉しみ」から。


まず石けんつくりに必要な材料と道具。写真は右から、レシピ本「お風呂の愉しみ」・コンタクトレンズ用精製水・石けんオイルミックス(石けんつくりに必要なオイルがあらかじめミックスされたもの)・苛性ソーダ・ソーダ用ガラス容器・ワックス紙・銀色の細いのは泡だて器、手前の白いのは料理用はかり(1グラム単位)
そのほか、ガラスボウル・ごむべら・料理用温度計(2本)・軽量カップ・アルミのスプーン・泡だて器・かき混ぜ棒。石けんを型入れする時には、牛乳などの一リットル紙パック2本分と料理用たこ糸、保温用の発泡スチロールかダンボールの箱、ごむべらなどが必要。普段台所でお料理やお菓子作りに使っているものでOKです。

苛性ソーダはいわゆる「水酸化ナトリウム」普通に薬局で500円前後で売られているみたいですが、一応「医薬用劇外物」なので購入の時には用途を告げて住所、氏名を専用の用紙に記入します。たしか印鑑も必要だったかな?しかし、こんな劇薬的なものが、油と混ざって何週間かしたらお肌にいい石けんになってしまうのだから、不思議です。
posted by クッキー at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マルセイユ石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。